Pocket

光脱毛とは?

お肌にマイルドな特殊な光を使った脱毛です。
可視光線から近赤外線領域の幅広い波長から脱毛に有効な光を抽出し、毛を作る働きを弱めていくことで脱毛を行います。
従来の脱毛機は毛乳頭および皮脂腺開口部という毛を作る部分を破壊する可能性が高く、やけどなどのリスクがありますが、
当店の脱毛機は毛乳頭および皮脂腺開口部等を破壊することのない安全な美容機器です。
照射する光は成長期の毛にのみ有効で、退行期、休止期の毛には反応しません。
1ヶ月半~ 2ヶ月で退行期や休止期の毛が成長期に変わり、その時にまた脱毛を行うことで徐々に毛量を減らしていきます。
ニードル脱毛やレーザー脱毛に比べ、痛みはかなり軽減されています。
照射範囲が広く、施術時間も早く、負担無くトリートメントが行えます。

通う頻度、回数は?

表面に出ている毛は10~20%です。
光脱毛は毛の黒さに反応するため皮膚表面に出ている毛にのみ反応します。
そのため個人差はありますが1か月半~2ヶ月に一度6回~12回が目安になります。

ルチェアの脱毛はここが違う!

✅日本人の肌に合わせた国産のハイスペックマシン

脱毛サロンの良しあしは何といっても結果です。
期待して始めた脱毛も2年後思ったより効果が出なかった・・・なんてことになったらとても残念です。
脱毛はスタッフの技術も多少ありますが脱毛機のスペックによる影響が一番大きいです。
いくら上手に照射しても機械が弱くては回数がかかってしまいます。
ルチェアのマシンは男性の剛毛にも対応できる強いマシンです。
通常ですと1年ほどで目立たなくなります。

✅脱毛だけじゃない!トリートメント効果も!

脱毛機の放つ光にはトリートメント効果があります。
その効果は脱毛だけでなく光フェイシャルというメニューがあるくらいです。
光で刺激を受けたお肌は活性化し明るく引き締まった感じになります。

時間 全身=50分
痛み 暖かくて心地よい。同時冷却なので氷で冷やす冷たさもありません。
通う頻度 1~2か月に1回6~12回
効果 普通の濃さ=6回で目立たなくなります。 剛毛=6~12回。
ここがおすすめ! 最新技術のマシンです。痛みがなく時間がかからないのが最大の魅力です。

 

光脱毛をお受けできない方

①感染症や急性疾患の方。

②1週間以内に予防接種を受けた。

③妊娠している、またはその可能性がある。

④授乳中の方。

⑤過去の除毛・減毛行為の中でトラブルが起きたことがある。

以下の方は主治医に光脱毛を受けて良いか確認してください

①現在医師の治療を受けている。または、身体の不調を感じている。

②ホルモン剤(ピル)を服用している(高容量)

③光線過敏症(ポリフェリン症)または、光(日光)アレルギーを持っている。

④高血圧症、血栓症、高脂血漿、肝臓病、腎臓病、糖尿病、心臓病などの疾患を患っている。

⑤高プロラクチン血症を持っている。

⑥ペースメーカーなど循環機器を使用している。

⑦婦人科系疾患を持っている、通院している。

⑧皮膚疾患を持っている。

⑨ステロイド系薬を使用している。

⑩皮膚に水泡やカブレなどを起こしやすい。

⑪6ヶ月以内に何らかの手術を受けた。

⑫てんかんなど既往症である。

⑬日焼けによる皮膚の炎症を起こしたことがある。

⑭乾燥による皮膚トラブルを起こしたことがある。

 

安全な脱毛トリートメントを受けて頂くために、下記の事項をお守りください。

1 脱毛前後は日焼けは避けてください。
日焼けをすると肌の色素が濃くなり、通常よりも過剰に光を吸収します。もともと、肌の色が濃い場合とは
異なり、皮膚表面にメラニンが集中し活発になっているので、お肌に負担を与える場合があります。

2 お肌を乾燥させないでください。
乾燥したお肌へのトリートメントは熱や刺激に弱く、肌トラブルを起こしやすいので、保湿を心掛けてください。
トリートメント前後1週間は特に保湿頂くことで、お肌への負担を軽減することができます。
トリートメント当日、乾燥がひどい場合はトリートメントが受けられませんので、十分保湿してください。

3 妊娠中・授乳中はトリートメントを中断してください。
妊娠・授乳期間中はホルモンバランスが不安定なため、トリートメントに適した状態ではありません。

4 体調不良の方はトリートメントできません。
美容ライト脱毛は、健康な方に行う美容行為です。下記の状態の方は、トリートメントを行えません。
・ケロイド体質 ・高血圧症 ・ペースメーカーを使用されている ・感染症 ・皮膚疾患 ・急性疾患
・各種アレルギー(光線過敏症・光アレルギーなど) ・肝臓・心臓・糖尿病、その他内臓系・循環系疾患
・てんかん ・血栓症 ・水泡やかぶれが起きやすい方

5 薬剤を使用している方・通院中の方はまず主治医にご相談の上、ご来店ください。

6 毛を抜く等の自己処理により、肌を傷めないでください。
自己処理を行う場合は、ハサミや電気シェーバーをご使用ください。
光脱毛は毛の黒い部分にのみ効果があるので抜いて皮膚から見えない毛には効果がありません。

7 進行中のニキビ・炎症を起こしている箇所はトリートメントできません。

8 感染・炎症防止のため、肌を清潔に保つようにしてください。

9 医療施設等で脱毛希望箇所に脱毛処置等を受けたことのある方は必ずお申し出ください。

10 ご予約の日の1~3日前には脱毛部位の毛を剃ってきてください。
法律によりエステでの剃毛は禁止されています。剃り忘れた場合はお店にて電気シェーバーをお貸しします。